サラリーマンの税金計算してみたブログ
フォレスター

フォレスターの車検代はいくら?【2018年版の計算結果】

フォレスターの車検代はいくら?【2018年版の計算結果】

スバル フォレスター(FORESTER, 4WD)の車検代を平成30年度の税制で計算してみました。フォレスターをユーザー車検した場合は、エコカー標準モデルで車検代が44,640円になります。 (2018/11/12)

スポンサーリンク

今回はフォレスターを持っている場合に、車検代がどれくらいかかるのか計算してみました。

なお、他の車種と比較するとフォレスターの車検代は全車種の車検代ランキングで207位、SUVの車検代ランキングで5位、ガソリン車の車検代ランキングで138位、4WDの車検代ランキングで80位となっています。

フォレスターの車検費用の内訳

車検費用の内訳は自動車重量税・自賠責保険料・印紙代の法定費用が基本となります。

あとは業者に車検を依頼すれば手数料がかかり、部品交換が必要であれば部品代がかかってきます。

車検を自分で行うユーザー車検で、部品交換がない場合には法定費用のみで済むので、今回は法定費用部分の重量税・自賠責保険料・印紙代を計算してみます。

フォレスターの自動車重量税

フォレスターの車両重量は1460〜1610kgで、燃費基準をクリアしたエコカー減税対象のグレードもあります。

一方、エコカーでない場合は13年目以降の税額が高くなるので、それぞれの場合の車検時に支払う車両重量税はこうなります。

  1〜1.5トン 〜2トン
エコカー 15000円 20000円
エコカー以外(13年未満) 24600円 32800円
エコカー以外(13年以上) 34200円 45600円
エコカー以外(18年以上) 37800円 50400円

以前、フォレスターの重量税の計算の記事も書いたので、詳しく知りたい方はそちらもご覧ください。

スポンサーリンク

フォレスターの自賠責保険料と印紙代

自賠責保険料は車種にかかわらず車検時に2年分27,840円を支払います。

印紙代も車種には関係なく1,800円がかかります。

フォレスターの車検費用

ここまで計算した重量税、自賠責保険料、印紙代を合計すると、フォレスターの車検費用のうち法定費用分はこうなります。

  1〜1.5トン 〜2トン
エコカー 44640円 49640円
エコカー以外(13年未満) 54240円 62440円
エコカー以外(13年以上) 63840円 75240円
エコカー以外(18年以上) 67440円 80040円

この金額はユーザー車検した場合の金額ですが、ディーラーや車検業者などに車検を依頼すると手数料として車検基本料が追加になります。

車検基本料の相場は業者によって2万円〜10万円くらいといったところでしょうか。

また、部品交換があれば部品代もかかります。

走行距離が長い場合は部品代も結構かかるかもしれません。

フォレスターの車検代ランキング

フォレスターの車検代のランキング順位はそれぞれ

となっています。

まとめ

今回はフォレスターの車検代を計算してみました。車検の時期が近い方はご参考にどうぞ。

また、

の計算の記事もありますのでそちらもどうぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク