サラリーマンの年収分析ブログ
消防車

消防車メーカーの手取り年収ランキング【2020年版】

消防車メーカーの決算書を分析して額面&手取り年収ランキングを作ってみました。消防車メーカーで働いている方や、就職活動・転職活動中の方は給料を調べる際の参考にどうぞ。1位はモリタホールディングスで額面686万円・手取り522万円、1位はモリタホールディングスで額面686万円・手取り522万円でした。 (2020/04/17更新)

消防車メーカーの年収ランキング

消防車メーカーの40歳での年収ランキングです。

ちなみにそれぞれの手取り額は手取り年収の計算の記事を参考に計算しています。

順位 会社 年収 手取り
1 モリタ 686万円 522万円
スポンサーリンク

1位: モリタ 686万円

モリタ、モリタ宮田工業、モリタ環境テック、モリタエコノスを子会社に持つモリタホールディングスは平均年齢40.5歳・平均年収695万円で手取りが528万円、40歳年収だと額面686万円・手取り522万円となってランキング1位です。

モリタホールディングスの従業員一人当たりの売上は1780万円で、経常利益は87.5万円となっています。

主な事業は消防車輌で、会社は大阪府大阪市中央区にあって、最寄駅は淀屋橋です。

詳しくはモリタの手取り年収の分析をご覧ください。

スポンサーリンク