サラリーマンの年収分析ブログ
電線御三家

電線御三家の手取り年収ランキング【2020年版】

電線御三家の決算書を分析して額面&手取り年収ランキングを作ってみました。電線御三家で働いている方や、就職活動・転職活動中の方は給料を調べる際の参考にどうぞ。1位は住友電気工業で額面772万円・手取り576万円、3位は古河電気工業で額面663万円・手取り508万円でした。 (2020/04/17更新)

電線御三家の年収ランキング

電線御三家の40歳での年収ランキングです。

ちなみにそれぞれの手取り額は手取り年収の計算の記事を参考に計算しています。

順位 会社 年収 手取り
1 住友電気工業 772万円 576万円
2 フジクラ 669万円 511万円
3 古河電気工業 663万円 508万円
スポンサーリンク

1位: 住友電気工業 772万円

住友電気工業は平均年齢41.8歳・平均年収808万円で手取りが599万円、40歳年収だと額面772万円・手取り576万円となってランキング1位です。

住友電気工業の従業員一人当たりの売上は533万円で、経常利益は16.8万円となっています。

主な事業は自動車で、会社は大阪府大阪市中央区にあって、最寄駅は淀屋橋です。

詳しくは住友電気工業の手取り年収の分析をご覧ください。

2位: フジクラ 669万円

フジクラは平均年齢42.7歳・平均年収715万円で手取りが540万円、40歳年収だと額面669万円・手取り511万円となってランキング2位です。

フジクラの従業員一人当たりの売上は591万円で、経常利益は8.56万円となっています。

主な事業はエネルギー・情報通信で、会社は東京都江東区にあって、最寄駅は木場です。

詳しくはフジクラの手取り年収の分析をご覧ください。

3位: 古河電気工業 663万円

古河電気工業は平均年齢44.2歳・平均年収735万円で手取りが553万円、40歳年収だと額面663万円・手取り508万円となってランキング3位です。

古河電気工業の従業員一人当たりの売上は872万円で、経常利益は16万円となっています。

主な事業は電装エレクトロニクスで、会社は東京都千代田区にあって、最寄駅は二重橋前です。

詳しくは古河電気工業の手取り年収の分析をご覧ください。

スポンサーリンク