サラリーマンの税金計算してみたブログ
配偶者控除

配偶者控除の計算|夫が年収200万〜800万円だと年間いくら得?【2017年版】

サラリーマンが配偶者控除を受けた場合に所得税と住民税の節税額がどれくらい変わるのか計算してみました。夫の年収が200万/300万/400万/500万/600万/700万/800万円の場合の7パターンで計算しています。年収が200万〜800万円のサラリーマンの場合、配偶者控除の減税額は5.2万円〜10.9万円となりました。 (2016/11/24)

スポンサーリンク

配偶者控除はざっくり言うと専業主婦の妻がいる場合などに配偶者の年収に応じて所得税・住民税の支払いを減らせる仕組みです。

妻がパートやアルバイトをしている場合でも年収が105万円以下なら控除をフルに使えますし、141万円までは配偶者特別控除という仕組みがあって一部が使えます。

基本的には配偶者控除は全国で変わらないのですが、都道府県によっては住民税の税率が違って配偶者控除での節税額も変わってきます。

今回は住民税は標準税率の所得割10%、均等割5000円で計算してみました。

なお、今回の記事では夫がサラリーマンで妻が専業主婦の場合で計算しましたが、夫と妻が逆の場合でも税金の仕組みは同じです。

配偶者控除が無い場合の所得税&住民税

まずは配偶者控除が無い場合です。

以前、所得税&住民税の計算をしましたが、夫が年収200万〜800万円の場合の合計の税金は

年収200万円: 所得税 2.78万円 + 住民税 6.31万円 = 9.08万円
年収300万円: 所得税 5.57万円 + 住民税 11.9万円 = 17.5万円
年収400万円: 所得税 8.56万円 + 住民税 17.9万円 = 26.4万円
年収500万円: 所得税 13.9万円 + 住民税 24.4万円 = 38.4万円
年収600万円: 所得税 20.5万円 + 住民税 31万円 = 51.5万円
年収700万円: 所得税 31.7万円 + 住民税 38万円 = 69.7万円
年収800万円: 所得税 46.9万円 + 住民税 45.6万円 = 92.5万円

となります。

スポンサーリンク

妻の収入ごとの節税額

続いて妻の収入ごとの節税額を計算してみます。

まず、妻の所得が38万円以下であれば配偶者控除が使えます。

配偶者控除は所得税と住民税で微妙に違っていて

配偶者の所得 所得税の控除額 住民税の控除額
40万円以下 38万円 33万円
45万円まで 36万円 33万円
50万円まで 31万円 31万円
55万円まで 26万円 26万円
60万円まで 21万円 21万円
65万円まで 16万円 16万円
70万円まで 11万円 11万円
75万円まで 6万円 6万円
76万円まで 3万円 3万円
76万円以上 0円 0円

となっています。

なお、所得が38万円を超えると配偶者特別控除となります。

配偶者特別控除の場合は配偶者控除と少し条件が違っていて、年収1000万円を超えている場合は適用されません。

ちなみに、給与所得控除の65万円と基礎控除の38万円を足した103万円までは所得がゼロなので所得税の支払いもないし、配偶者控除もフルに使えます。これがよく聞く「103万円の壁」です。

ただし、住民税の非課税限度額は35万円となっているので、給与所得控除の65万円を足した100万円からは住民税の支払いが必要になります。こう考えると「100万円の壁」になりますね。

あるいは配偶者特別控除のことを考えると、40万円までは控除額が変わらないので「105万円の壁」とも言えます。

スポンサーリンク

妻の年収が105万円の場合

まずは妻の年収が105万円で、控除をフルに使える場合の計算をしてみます。

この場合、所得税の控除が38万円、住民税の控除が33万円になります。

この控除がある場合の税金と節税額を夫の年収ごとに計算すると

年収200万円: 所得税 8778円 + 住民税 3.01万円 = 3.88万円 (5.2万円の節税)
年収300万円: 所得税 3.67万円 + 住民税 8.58万円 = 12.3万円 (5.2万円の節税)
年収400万円: 所得税 6.66万円 + 住民税 14.6万円 = 21.2万円 (5.2万円の節税)
年収500万円: 所得税 10.1万円 + 住民税 21.1万円 = 31.3万円 (7.1万円の節税)
年収600万円: 所得税 16.7万円 + 住民税 27.7万円 = 44.4万円 (7.1万円の節税)
年収700万円: 所得税 24.1万円 + 住民税 34.7万円 = 58.8万円 (10.9万円の節税)
年収800万円: 所得税 39.3万円 + 住民税 42.3万円 = 81.6万円 (10.9万円の節税)

となります。

また、妻の収入が100万円を超える場合にはその所得にも税金がかかります。

100万、103万、105万の場合でそれぞれ計算すると

妻が年収100万円: 所得税 0円 + 住民税 5750円 = 5750円
妻が年収103万円: 所得税 0円 + 住民税 7243円 = 7243円
妻が年収105万円: 所得税 737円 + 住民税 8975円 = 9712円

となります。

スポンサーリンク

妻の年収が106万円の場合

次は年間で106万円の収入があった場合です。

これも「106万円の壁」と言われるもので、収入が106万円より低い場合は社会保険料は雇用保険のみの支払いで済むのですが、106万円を超えると厚生年金への加入が必要になって、健康保険や厚生年金の支払いが必要になります。

年収106万円の場合の社会保険料は健康保険が年間で5.28万円、厚生年金が9.26万円、雇用保険が5300円かかります。

この場合の配偶者特別控除は所得税36万円 住民税33万円で、夫の年収が200万〜800万円の場合の税金は

年収200万円: 所得税 9778円 + 住民税 3.01万円 = 3.98万円 (5.1万円の節税)
年収300万円: 所得税 3.77万円 + 住民税 8.58万円 = 12.4万円 (5.1万円の節税)
年収400万円: 所得税 6.76万円 + 住民税 14.6万円 = 21.3万円 (5.1万円の節税)
年収500万円: 所得税 10.3万円 + 住民税 21.1万円 = 31.5万円 (6.9万円の節税)
年収600万円: 所得税 16.9万円 + 住民税 27.7万円 = 44.6万円 (6.9万円の節税)
年収700万円: 所得税 24.5万円 + 住民税 34.7万円 = 59.2万円 (10.5万円の節税)
年収800万円: 所得税 39.7万円 + 住民税 42.3万円 = 82万円 (10.5万円の節税)

となります。

年金が厚生年金の場合に妻の支払う税金も計算してみると所得税が0円、住民税が5000円で合計5000円になります。

妻の年収が105万円から106万円になった場合の手取り額の差額を計算すると

夫婦で年収200万円+106万円: 収入増 1万円 ー 夫の控除減 1000円 + 妻の税金減 4712円 ー 妻の社会保険料増 14.6万円 = -13.2万円
夫婦で年収300万円+106万円: 収入増 1万円 ー 夫の控除減 1000円 + 妻の税金減 4712円 ー 妻の社会保険料増 14.6万円 = -13.2万円
夫婦で年収400万円+106万円: 収入増 1万円 ー 夫の控除減 1000円 + 妻の税金減 4712円 ー 妻の社会保険料増 14.6万円 = -13.2万円
夫婦で年収500万円+106万円: 収入増 1万円 ー 夫の控除減 2000円 + 妻の税金減 4712円 ー 妻の社会保険料増 14.6万円 = -13.3万円
夫婦で年収600万円+106万円: 収入増 1万円 ー 夫の控除減 2000円 + 妻の税金減 4712円 ー 妻の社会保険料増 14.6万円 = -13.3万円
夫婦で年収700万円+106万円: 収入増 1万円 ー 夫の控除減 4000円 + 妻の税金減 4712円 ー 妻の社会保険料増 14.6万円 = -13.5万円
夫婦で年収800万円+106万円: 収入増 1万円 ー 夫の控除減 4000円 + 妻の税金減 4712円 ー 妻の社会保険料増 14.6万円 = -13.5万円

となります。

社会保険料の負担がまるまる増える感じですね。収入が1万円増えてもこれだけ負担が増えると結構つらいものがあります。

妻の年収が120万円の場合

次はパート収入が毎月10万円で年間120万円の収入があった場合の計算をしてみます。

年収120万円の場合の社会保険料は健康保険が年間で5.98万円、厚生年金が10.5万円、雇用保険が6000円かかります。

この場合の配偶者特別控除は所得税21万円 住民税21万円で、夫の年収が200万〜800万円の場合の税金は

年収200万円: 所得税 1.73万円 + 住民税 4.21万円 = 5.93万円 (3.15万円の節税)
年収300万円: 所得税 4.52万円 + 住民税 9.78万円 = 14.3万円 (3.15万円の節税)
年収400万円: 所得税 7.51万円 + 住民税 15.8万円 = 23.3万円 (3.15万円の節税)
年収500万円: 所得税 11.8万円 + 住民税 22.3万円 = 34.2万円 (4.2万円の節税)
年収600万円: 所得税 18.4万円 + 住民税 28.9万円 = 47.3万円 (4.2万円の節税)
年収700万円: 所得税 27.5万円 + 住民税 35.9万円 = 63.4万円 (6.3万円の節税)
年収800万円: 所得税 42.7万円 + 住民税 43.5万円 = 86.2万円 (6.3万円の節税)

となります。

年金が厚生年金の場合に妻の支払う税金も計算してみると所得税が0円、住民税が7467円で合計7467円になります。

妻の年収が105万円から120万円になった場合の手取り額の差額を計算すると

夫婦で年収200万円+120万円: 収入増 15万円 ー 夫の控除減 2.05万円 + 妻の税金減 2245円 ー 妻の社会保険料増 16.5万円 = -3.37万円
夫婦で年収300万円+120万円: 収入増 15万円 ー 夫の控除減 2.05万円 + 妻の税金減 2245円 ー 妻の社会保険料増 16.5万円 = -3.37万円
夫婦で年収400万円+120万円: 収入増 15万円 ー 夫の控除減 2.05万円 + 妻の税金減 2245円 ー 妻の社会保険料増 16.5万円 = -3.37万円
夫婦で年収500万円+120万円: 収入増 15万円 ー 夫の控除減 2.9万円 + 妻の税金減 2245円 ー 妻の社会保険料増 16.5万円 = -4.22万円
夫婦で年収600万円+120万円: 収入増 15万円 ー 夫の控除減 2.9万円 + 妻の税金減 2245円 ー 妻の社会保険料増 16.5万円 = -4.22万円
夫婦で年収700万円+120万円: 収入増 15万円 ー 夫の控除減 4.6万円 + 妻の税金減 2245円 ー 妻の社会保険料増 16.5万円 = -5.92万円
夫婦で年収800万円+120万円: 収入増 15万円 ー 夫の控除減 4.6万円 + 妻の税金減 2245円 ー 妻の社会保険料増 16.5万円 = -5.92万円

となります。

年収120万円の場合でもまだ105万円の時より手取りが少ないですね。

妻の年収が130万円の場合

次は妻の年収が130万円の場合です。

年収130万円の場合の社会保険料は健康保険が年間で6.48万円、厚生年金が11.4万円、雇用保険が6500円かかります。

この場合の配偶者特別控除は所得税11万円 住民税11万円で、夫の年収が200万〜800万円の場合の税金は

年収200万円: 所得税 2.23万円 + 住民税 5.21万円 = 7.43万円 (1.65万円の節税)
年収300万円: 所得税 5.02万円 + 住民税 10.8万円 = 15.8万円 (1.65万円の節税)
年収400万円: 所得税 8.01万円 + 住民税 16.8万円 = 24.8万円 (1.65万円の節税)
年収500万円: 所得税 12.8万円 + 住民税 23.3万円 = 36.2万円 (2.2万円の節税)
年収600万円: 所得税 19.4万円 + 住民税 29.9万円 = 49.3万円 (2.2万円の節税)
年収700万円: 所得税 29.5万円 + 住民税 36.9万円 = 66.4万円 (3.3万円の節税)
年収800万円: 所得税 44.7万円 + 住民税 44.5万円 = 89.2万円 (3.3万円の節税)

となります。

年金が厚生年金の場合に妻の支払う税金も計算してみると所得税が4255円、住民税が1.6万円で合計2.03万円になります。

妻の年収が105万円から130万円になった場合の手取り額の差額を計算すると

夫婦で年収200万円+130万円: 収入増 25万円 ー 夫の控除減 3.55万円 ー 妻の税金増 1.06万円 ー 妻の社会保険料増 18万円 = 2.43万円
夫婦で年収300万円+130万円: 収入増 25万円 ー 夫の控除減 3.55万円 ー 妻の税金増 1.06万円 ー 妻の社会保険料増 18万円 = 2.43万円
夫婦で年収400万円+130万円: 収入増 25万円 ー 夫の控除減 3.55万円 ー 妻の税金増 1.06万円 ー 妻の社会保険料増 18万円 = 2.43万円
夫婦で年収500万円+130万円: 収入増 25万円 ー 夫の控除減 4.9万円 ー 妻の税金増 1.06万円 ー 妻の社会保険料増 18万円 = 1.08万円
夫婦で年収600万円+130万円: 収入増 25万円 ー 夫の控除減 4.9万円 ー 妻の税金増 1.06万円 ー 妻の社会保険料増 18万円 = 1.08万円
夫婦で年収700万円+130万円: 収入増 25万円 ー 夫の控除減 7.6万円 ー 妻の税金増 1.06万円 ー 妻の社会保険料増 18万円 = -1.62万円
夫婦で年収800万円+130万円: 収入増 25万円 ー 夫の控除減 7.6万円 ー 妻の税金増 1.06万円 ー 妻の社会保険料増 18万円 = -1.62万円

となります。

年収130万円になってくると105万円の時より手取り額が増えるケースも出てきますね。

妻の年収が140万円の場合

次は妻の年収が140万円の場合です。

年収140万円の場合の社会保険料は健康保険が年間で6.98万円、厚生年金が12.2万円、雇用保険が7000円かかります。

この場合の配偶者特別控除は所得税3万円 住民税3万円で、夫の年収が200万〜800万円の場合の税金は

年収200万円: 所得税 2.63万円 + 住民税 6.01万円 = 8.63万円 (4500円の節税)
年収300万円: 所得税 5.42万円 + 住民税 11.6万円 = 17万円 (4500円の節税)
年収400万円: 所得税 8.41万円 + 住民税 17.6万円 = 26万円 (4500円の節税)
年収500万円: 所得税 13.6万円 + 住民税 24.1万円 = 37.8万円 (6000円の節税)
年収600万円: 所得税 20.2万円 + 住民税 30.7万円 = 50.9万円 (6000円の節税)
年収700万円: 所得税 31.1万円 + 住民税 37.7万円 = 68.8万円 (9000円の節税)
年収800万円: 所得税 46.3万円 + 住民税 45.3万円 = 91.6万円 (9000円の節税)

となります。

年金が厚生年金の場合に妻の支払う税金も計算してみると所得税が8544円、住民税が2.46万円で合計3.31万円になります。

妻の年収が105万円から140万円になった場合の手取り額の差額を計算すると

夫婦で年収200万円+140万円: 収入増 35万円 ー 夫の控除減 4.75万円 ー 妻の税金増 2.34万円 ー 妻の社会保険料増 19.4万円 = 8.52万円
夫婦で年収300万円+140万円: 収入増 35万円 ー 夫の控除減 4.75万円 ー 妻の税金増 2.34万円 ー 妻の社会保険料増 19.4万円 = 8.52万円
夫婦で年収400万円+140万円: 収入増 35万円 ー 夫の控除減 4.75万円 ー 妻の税金増 2.34万円 ー 妻の社会保険料増 19.4万円 = 8.52万円
夫婦で年収500万円+140万円: 収入増 35万円 ー 夫の控除減 6.5万円 ー 妻の税金増 2.34万円 ー 妻の社会保険料増 19.4万円 = 6.77万円
夫婦で年収600万円+140万円: 収入増 35万円 ー 夫の控除減 6.5万円 ー 妻の税金増 2.34万円 ー 妻の社会保険料増 19.4万円 = 6.77万円
夫婦で年収700万円+140万円: 収入増 35万円 ー 夫の控除減 10万円 ー 妻の税金増 2.34万円 ー 妻の社会保険料増 19.4万円 = 3.27万円
夫婦で年収800万円+140万円: 収入増 35万円 ー 夫の控除減 10万円 ー 妻の税金増 2.34万円 ー 妻の社会保険料増 19.4万円 = 3.27万円

となります。

年収140万円の場合は完全に105万円の時より手取り額が増えています。

妻の年収が150万円の場合

次は妻の年収が150万円の場合です。

年収150万円の場合の社会保険料は健康保険が年間で7.48万円、厚生年金が13.1万円、雇用保険が7500円かかります。

この場合は配偶者特別控除がないので、夫の年収が200万〜800万円の場合の税金は

年収200万円: 所得税 2.78万円 + 住民税 6.31万円 = 9.08万円 (0円の節税)
年収300万円: 所得税 5.57万円 + 住民税 11.9万円 = 17.5万円 (0円の節税)
年収400万円: 所得税 8.56万円 + 住民税 17.9万円 = 26.4万円 (0円の節税)
年収500万円: 所得税 13.9万円 + 住民税 24.4万円 = 38.4万円 (0円の節税)
年収600万円: 所得税 20.5万円 + 住民税 31万円 = 51.5万円 (0円の節税)
年収700万円: 所得税 31.7万円 + 住民税 38万円 = 69.7万円 (0円の節税)
年収800万円: 所得税 46.9万円 + 住民税 45.6万円 = 92.5万円 (0円の節税)

となります。

年金が厚生年金の場合に妻の支払う税金も計算してみると所得税が1.28万円、住民税が3.32万円で合計4.6万円になります。

妻の年収が105万円から150万円になった場合の手取り額の差額を計算すると

夫婦で年収200万円+150万円: 収入増 45万円 ー 夫の控除減 5.2万円 ー 妻の税金増 3.63万円 ー 妻の社会保険料増 20.8万円 = 15.4万円
夫婦で年収300万円+150万円: 収入増 45万円 ー 夫の控除減 5.2万円 ー 妻の税金増 3.63万円 ー 妻の社会保険料増 20.8万円 = 15.4万円
夫婦で年収400万円+150万円: 収入増 45万円 ー 夫の控除減 5.2万円 ー 妻の税金増 3.63万円 ー 妻の社会保険料増 20.8万円 = 15.4万円
夫婦で年収500万円+150万円: 収入増 45万円 ー 夫の控除減 7.1万円 ー 妻の税金増 3.63万円 ー 妻の社会保険料増 20.8万円 = 13.5万円
夫婦で年収600万円+150万円: 収入増 45万円 ー 夫の控除減 7.1万円 ー 妻の税金増 3.63万円 ー 妻の社会保険料増 20.8万円 = 13.5万円
夫婦で年収700万円+150万円: 収入増 45万円 ー 夫の控除減 10.9万円 ー 妻の税金増 3.63万円 ー 妻の社会保険料増 20.8万円 = 9.66万円
夫婦で年収800万円+150万円: 収入増 45万円 ー 夫の控除減 10.9万円 ー 妻の税金増 3.63万円 ー 妻の社会保険料増 20.8万円 = 9.66万円

となります。

年収150万円を超えてくると配偶者控除も関係ないので、あとは壁を気にせずどんどん収入を増やしたい感じがしますね。

年収ごとの配偶者控除の計算

年収ごとの配偶者控除の節税額もそれぞれ計算してみました。 よろしければこちらもどうぞ。

年収ごとの配偶者控除の節税額の計算
200万円250万円300万円350万円400万円450万円500万円550万円600万円650万円700万円750万円800万円850万円900万円950万円1000万円1100万円1200万円1300万円1400万円1500万円1600万円1700万円1800万円1900万円2000万円

まとめ

今回は配偶者の収入に応じてどのように税金などの負担が変わっていくか計算してみました。

手取りで考えると106万円の壁の存在は大きいですが、健康保険・厚生年金は同じ額を会社が負担してくれますし 加入していれば育児休業給付金・失業給付金・傷病手当金がもらえるようになったり、老後に厚生年金が上乗せされたりします。

そう考えると長い目で見れば払っておいた方が得かもしれません。

代わりに保険を見直したりすると案外負担は増えないで済むかもしれませんしね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク